MENU

賃貸経営のポイント

変化のスピードが早く、多様化する顧客ニーズを素早くキャッチ

ITの発達、グローバル化した昨今の賃貸市場においては、今までの賃貸経営のスタンスでは苦戦を強いられるケースが増えてきました。
シェアハウスや⺠泊、⾼齢者向け賃貸住宅、ウィークリーやマンスリーマンションなどの貸し⽅の多様化はその⼀例と⾔えます。
⼈⼝減少が叫ばれる中、安定した賃貸経営を実現するためには、市場の動向や顧客ニーズを的確に素早く把握し、
対策を講ずることが必要となります。

POINT 1リスクの把握と対策

賃貸経営にもリスクがあります。リスクを事前に把握し対策を講じることで、このリスクを回避または軽減することが可能となります。
まずは⾃⾝が所有する不動産における様々なリスクを正確に把握し、適切な対応を⾏うことが重要となります。

空室のリスク

RISK 1空室のリスク

賃貸経営のなかでも特に⼼配なのが空室のリスクです。空室が多いほど賃料収⼊は減少します。主な要因は「適正な賃料設定がされていない」「建物や設備の⽼朽化に対する対応がなされていない」「共⽤部の維持管理や原状回復⼯事がなされていない」等が挙げられます。顧客ニーズや賃貸市場動向を正確に把握する不動産管理会社と密に連携し、対策を講じましょう。

建物⽼朽化のリスク

RISK 2建物⽼朽化のリスク

建物は時間の経過に応じて⽼朽化していきます。建物⼤規模修繕や室内リフォーム・リノベーション等が必要になった場合、その資⾦がないと賃貸経営は⾏き詰まってしまいます。⻑期修繕計画を作成し、毎⽉の賃料収⼊から積⽴をするなどの事前準備をしっかり⾏いましょう。

⾃然災害のリスク

RISK 3⾃然災害のリスク

地震や⽕災、⾵⽔災などの⾃然災害はその発⽣を事前に把握したり、発⽣を防いだりすることはできません。また、被害が発⽣すると⼤きな損害を被ることが予想されます。万が⼀に備え、物件に対する被害を最⼩限に抑えるための物理的対応や相応の損害保険に加⼊するなどの対策を講じましょう。

⼊居者関連のリスク

RISK 4⼊居者関連のリスク

家賃滞納や騒⾳等による⼊居者間トラブル、⾃殺や孤独死等の⼊居者に関するリスク管理も賃貸経営においては⼤変重要となります。滞納保証会社への加⼊や厳正な⼊居審査の実施、損害保険等への加⼊など有効な対策はありますが、より専⾨性の⾼い対応が必要となりますので、信頼のおける不動産管理会社に相談し、対策を講じましょう。

POINT 2不動産管理会社への管理委託

不動産管理会社への管理委託

賃料⼊⾦管理・契約更新業務・建物維持管理・⼊居者苦情対応・退去精算業務など、賃貸経営では様々な業務があり、これらを個⼈で対応することには限界があります。
また、インターネット環境の普及や消費者(借主)保護の考えが⼀般的となり、⼊居者満⾜度を向上させ⾼い⼊居率を維持するためにはより⾼度で専⾨的なサービス提供が必要となります。
オーナー様やご⼊居者様に寄り添った管理サービスを提供できる不動産管理会社を選びましょう。

POINT 3不動産市場の把握

不動産市場の把握

不動産経営を⾏う上で、市場の把握は⾮常に重要です。顧客ニーズは外的要因に左右されやすく、設備投資や⼤規模修繕、賃料再設定や不動産売買に⾄るまで様々な場⾯で市場動向に即した対応が必要となります。客観的な情報を収集・分析し、市場動向を正確に捉えた賃貸経営を⼼掛けましょう。